便秘とは

便秘とは腸内に排泄物が長期間たまった状態であり、三日以上便通がないことや便が硬くすっきりした感じのない状態を便秘と呼びます。
毎日あるのが良いとはされていますが、排便のリズムについては人によって分かれ、そのすっきりとした感覚があれば少し間隔が開いても便秘ではありません。

便秘の問題点は、腸の働きと排便については胃や小腸で消化された食物が大腸に移動し、水分が吸収され便となって肛門へ送られるのですが、何日も排便がなく便が大腸内に留まることによって更に水分が吸収されるために排便が困難になったり、腹痛や腹部膨満感を感じたりすることがあります。

便秘は単に排便が困難になり、腹痛をもたらすだけではなく、腸内環境を悪化させ、悪玉菌が増える原因にもなり、発がん物資や硫化水素などの有害な物質を発生させる原因にもなります。

便秘を防ぐには、食生活で食物繊維を摂取し、善玉菌を増やすことがとても重要です。
特に水溶性食物繊維は便を柔らかくする作用があり、そして、善玉菌を増やすにはそのエサとなるオリゴ糖の摂取が大切ですが、そのどちらも含まれる食品もありますから積極的に摂取することで便秘を防ぐことができます。

便秘になるもうひとつの要因としては、排便するためのぜん動運動は胃に食物が入り、便が直腸に移動すると大脳から指令が送られ便意を感じるようになりますが、このぜん動運動などの腸の働きは自律神経によって支配されているために、ストレスなどの原因によって自律神経の働きが悪くなるとそれが原因でも便秘になります。


≪特選サイト≫
オリゴ糖を使った便秘予防、解消用食品の通販サイトです ⇒ 便秘 オリゴ糖

Copyright © 2014 便秘にならない生活 All Rights Reserved.